• トップページ
  • 広島県高等学校美術連盟について
  • 美術・工芸展
  • コンクール
  • 大会

広島県高等学校美術連盟事務局

広島県立呉宮原高等学校
〒737-0024
呉市宮原3丁目1-1
TEL:0823-21-9306
FAX:0823-21-9308

美術・工芸展

第43回全国高等学校総合文化祭 2019佐賀総文祭

事 業 名 第43回全国高等学校総合文化祭美術・工芸部門(佐賀大会)
開 催 日 令和元年7月27日(土)~31日(水)
会   場 佐賀県立博物館・美術館等
参 加 人 数 10人
参 加 校 福山明王台,市立沼田,市立舟入,安古市,加計,国泰寺,広島皆実,神辺,呉宮原

第43回全国高等学校総合文化祭  2019佐賀総文祭

 第43回全国高等学校総合文化祭「2019さが総文」が7月27日~8月1日までの6日間にわたり、佐賀県内各地にて開催されました。広島県からは生徒10名、教員11名の計21名が7月27日~29日の3日間の日程で参加しました。

 大会初日は、佐賀市文化会館大ホールにて行われた総合開会式に参列しました。参列者全員で行う、佐賀弁でのラジオ体操第2や、佐賀県生徒実行委員と次年度開催の高知県生徒実行委員の掛け合いによるステージ、国際交流として様々な国のダンスの披露、そして構成劇「蒼天の翼」。どれも時間をかけて作り上げた生徒と教員の研鑽の成果が見られました。会場スタッフの、笑顔で気持ちのいい挨拶も含めて、おもてなしの心の感じられる素晴らしい総合開会式でした。その後、佐賀市市街地で行われたパレードを見に行きました。美しい衣装と華やかな動きのバトントワリング、一糸乱れぬ動きと迫力ある演奏のマーチングバンド。どの団体も美しく、力強いパフォーマンスでした。

 翌日の午前中は、佐賀県立博物館・美術館で各都道府県代表の展示作品をじっくりと鑑賞しました。展示会場入口には、佐賀県の美術部の生徒が制作した47都道府県の名産・名物を描いたモニュメントがお出迎え。会場内には高校生の作品とは思えないようなレベルの高い作品が並び、参加生徒からも「凄すぎ・・」との声がこぼれるほど。多くの作品に圧倒されながらも、自分の自慢の作品の位置を、午後の鑑賞交流会のために確認しました。

 午後からは市村記念体育館での部門開会式の後、各グループでカードゲームによる自己紹介、グループごとに美術館に移動して対話型鑑賞交流会に取り組みました。カードゲームのおかげか、どのグループもすぐに打ち解け、出身地は様々でも、美術への想いは同じといわんばかりに、自分のそしてお互いの作品について語り合いました。作品を通して伝えたいことを伝える難しさや、受け取る側の感性や視点、経験などによって見えるものの違いなど、生徒たちは大きな刺激を受けたようです。

 最終日は研修講座に参加。講座は23に分かれており、それぞれの講座の講師は、大学の教授や、現役の作家・デザイナーなど錚々たる顔ぶれでした。研修講座では、今までに触れたことのない技術に胸を躍らせたり、より深い学びをしたりと、講座ごとに個性あふれる充実した内容でした。出品作品の講評についても、今年度は全ての作品がそれぞれの講座の講師により丁寧に講評してもらい、全ての生徒が貴重な学び機会をいただきました。

「2019さが総文」という原点で、カードゲームや鑑賞交流、研修講座を介して、全国の高校生たちや、今まで気付かなかった視点や技術に出会い、ここで得たものを生かし自分の目指す未来へ舞い上がるという、生徒の行く末を明るく照らすような大会でした。

 

(広島県立加計高等学校 牧原 義英)

福山明王台 2年

田辺 賢都

市立沼田 2年

澤田 梢子

市立沼田 2年

釣谷 聡次郎

市立舟入 3年

佐藤 有希

広島国泰寺 2年

田邉 三史郎

加計 3年

佐々木 佑夏

広島皆実 3年

山本 怜奈

神辺 2年

田中 恵莉香

安古市 2年

平 あかり

呉宮原 3年

浮島 日奈子

学校・学年 氏名 タイトル
文化連盟賞 福山明王台 2年 田辺 賢都 「水の繊維」
文化連盟賞 市立沼田 2年 澤田 梢子 「Mechanized creatureg」
文化連盟賞 市立沼田 2年 釣谷 聡次郎 「工場の光」
文化連盟賞 市立舟入 3年 佐藤 有希 「ephemeral」
文化連盟賞 広島国泰寺 2年 田邉 三史郎 「峠三吉「ちちを かえせ…」 より」
文化連盟賞 加計 3年 佐々木 佑夏 「明日の世界」
文化連盟賞 広島皆実 3年 山本 怜奈 「皮靴」
文化連盟賞 神辺 2年 田中 恵莉香 「モウ」
文化連盟賞 安古市 2年 平 あかり 「欲」
文化連盟賞 呉宮原 3年 浮島 日奈子 「透明な初恋」

広島県代表生徒 感想文

 私は初めて広島県代表として2019さが総文に参加しました。初日は午後から開催された総合開会式に参加しました。文化部のインターハイと称されるだけあってすべての規模も大きく,開会式が始まる前から館内の雰囲気に圧倒されました。開会式の中で行われた演劇は公演時間が1時間と聞き寝てしまわないか心配でしたがそんな不安も吹き飛ぶくらいダイナミックで高校生とは思えない素晴らしい演技に引き込まれました。

 美術・工芸部門の作品はどの作品も「上手い」という一言では表現できないレベルの高い作品ばかりで圧倒されました。鑑賞会の質疑応答では,自分の作品について質問されるという初めての体験をし,とても緊張しましたが,それ以上に自分の作品を鑑賞した人が自分の作品に深く興味を示してくれたことに喜びを感じました。

 研修講座では,写真や目の錯覚を利用した3Dデッサンの描き方を教えていただきました。3Dデッサンの描き方ももちろん印象に残りましたが,同じ講座を受講した他の高校生の作品を鑑賞した時に誰一人として同じような作品がないことに驚き,作品に対する熱い情熱と若々しい感性に感動しました。

 今回のさが総文で出会った方々と,工夫を凝らした素晴らしい作品との出会いを大切にし,今後の制作活動において,より魅力ある作品を制作していきたいと思います。(広島県立広島国泰寺高等学校 田邉 三史郎)

 

 

 僕はこの夏休み期間中に、広島県の代表として第43回全国高等学校総合文化祭「佐賀創文」に参加しました。僕は絵画作品を出展したのですが、広島県からは絵画作品が5作品代表として出展しました。
 1日目。佐賀県に着いた僕たちは研修講座で使うモチーフ「石」を探しに唐津市の海に行きました。炎天下の中僕は一生懸命可愛い石を二時間くらい探し続けました。なかなか良いガタイのした石を見つけられてとても満足しました。その後、昼ごはんとして魚の刺身を食べに行きました。海が近くて、取れたての新鮮な刺身だったのでとてもおいしかったです。
 2日目。佐賀県立美術館で作品鑑賞をしました。全国の代表者が集まるのですごく緊張していました。会場にはたくさんの人が見に来ていて色々な人にまじかで見てもらいました。他県の先生にもお話をさせてもらい、アドバイスなどをいただきました。その後後高校生たちとグループになって、一緒にそれぞれの作品紹介をしました。作成者一人ひとり作品に込めた思いやコンセプトが聞けてすごく勉強になりました。
 3日目。佐賀西高等学校で研修講座がありました。担当してもらった講師の先生は元田久治先生で、研修では版画を教わりました。一日目で拾ってきた石をモチーフにして版画を制作しました。グループに分かれて版画制作をしていたのですが、周りの人たちのうまさに圧倒されてとても悔しい思いをしました。特に僕の右斜めにいた男子生徒がめちゃくちゃうまくて悔しい思いもしたけれど、僕もこんなにうまくなれたらいいなと、思ったりもして、すごくいい経験となりました。
 今回広島県代表として佐賀総文に参加させていただき沢山のことを感じることが出来ました。各都道府県から代表者が集まり、そこでいろんな人と関わり交流できたことは大変貴重な体験になりました。この体験を生かして今後の作品作りも、頑張りたいと思います。(広島県立福山明王台高等学校  田邊 賢都)

 

 私は初めての全国総合文化祭、2019さが総文に参加しました。全国大会のことはあまり詳しく知りませんでしたが、全国の高校生の作品が見られることにとてもワクワクしていました。実際に佐賀県立博物館・美術館で展示作品を見た時は、想像以上の作品の熱量に圧倒されました。同じ高校生の技術と個性とセンスが溢れる作品を目の前で見ることができ、とても感動し興奮しました。交流会では、そんな素晴らしい作品を作った高校生の作品に対する考えやこだわり、制作過程を知ることが出来ました。知らなかった技法や斬新なアイディアを聞くことができ、自分のこれからの制作の為のいい経験になったと思います。また、自分の作品をいいね、と言ってくれる人がいてとても嬉しく、これからの制作も頑張ろうと思えました。
  研修講座では、講師の澁谷克彦先生のワークショップに参加し、デザインの発想や表現の工夫についてお話しを聞きました。相手の興味を引き、ビジュアルだけで瞬時に人に情報を伝えることの難しさを感じました。先生のお話を聞けたことは、私の進路を考える上でとても意味のあるものになったと思います。
  私にとってさが総文に参加した3日間はとても濃く充実したものになりました。広島県の代表メンバー、交流会の班メンバー、スタッフとして参加していた佐賀の高校生の方など、たくさんの人と交流を深めることができ、美術だけではなく、人と人との関わりを深く感じる機会となりました。関わった全ての方々、本当にありがとうございました。この経験を糧にして、これからも制作に励んでいきたいと思います。(広島県立安古市高等学校 平 あかり)

 

 私は今回,作品や活動を通して交流する全国規模のさが総文に参加することになり,不安と期待でいっぱいでした。

 一日目は,総合開会式とパレードを観劇しました。開会式での演奏や演劇,パレードでのマーチングバンドの演奏や華麗なバトントワリングは,同じ高校生かと疑うほど迫力のあるもので,大変感動しました。

 二日目は美術館で,全国から選び抜かれた作品の数々を鑑賞しました。どの作品もそれぞれ制作者の努力や思いが感じられ,見ていてとても楽しかったです。また,美術・工芸部門の開会式に出席し,作品について語り合いました。私の作品について,他県の高校生が感想を言ってくれ,私が想像もしていないほど作品を深読みしてくれていることが分かり,とてもうれしく思いました。私もできる限り,作品を鑑賞して思ったことを伝えられるように頑張りました。

 最終日には,研修講座を実施する高校へ行き,特別講師の先生による研修講座を受けました。私は,『有田焼の変容』という講座を選択し,粘土の変形を体験したり,石膏の型を使った人形作りをしたり,ろくろを回すなどの体験をすることが出来ました。初めてろくろを回しましたが,思った以上に難しく,粘土があっという間に崩れてしまいました。しかし,ひんやりとして,モタっとした粘土の気持ちよさを感じることができ,貴重な体験ができていると実感することができました。

 帰りの新幹線の中で,私はあっという間で大変だったけれど楽しい三日間の思い出が出来ていることに気付きました。最初はあんなに不安だったはずなのに,今ではもう名残惜しいほどです。貴重な体験が出来,一生思い出に残る良い経験となったと思います。(広島市立神辺高等学校 田中 恵莉香)

 

 全国高等学校総合文化祭2019さが総文は,私にとって初の全国大会でした。各県の代表として集まった同じ高校生たちと、お互いに鑑賞交流やグループトークをしたり、興味深い研修講座を受講することで、いつもと違う刺激を受け、貴重な経験になりました。

 交流会では、全く知らない人たちの中で少し緊張もありました。しかし、佐賀県のグループリーダーの方がたくさんの話題を振ってくださり、私たちもお互い打ち解けあうことができ、自分の作品説明の時は、いつものように説明をすることができました。また他校の生徒からの質問にも自分の思いが伝わりやすいように、細かく話すことで、自分の作品に対する思いも、改めて強くなりました。

 私の作品は、ペンで細かい模様を描き続けていく技法での作品のため、やっと半分描き上げたときにはくじけそうになり、自分の精神力との戦いになりました。しかし、この大会で多くの方に自分の作品を見てもらい、感想やアドバイスをいただいたり、他校の生徒と仲が深まったりと、たくさんの嬉しい事がありました。「あの時あきらめないで本当に良かった。」今では本当にそう思います。

 全国から集まったたくさんの作品を鑑賞することで、自分自身の視野が広がり、とても良い勉強になりました。この大会で学んだ経験をこれからの進路、未来に生かしていきたいです。また人生で初のこの体験は自分1人ではできるはずがなく、多くの方々の協力があったからだと思います。佐賀県をはじめとした、全国の先生方、高校生、3日間の貴重な体験をさせていただき、本当にありがとうございました。(広島県立加計高等学校  佐々木 佑夏)

 

 私は,全国総合文化祭に参加した3日間で,とても刺激的で充実した時間を過ごすことができました。1日目の総合開会式では様々な部門のパフォーマンスを見ることができ,全国のレベルの高さを肌で感じることができました。特に印象に残っているのは演劇です。役を演じる人たちの熱量が直接伝わってきて深く感動しました。また,多くの人たちが舞台裏で支えていて,役を演じていない人たちの力も加わり,より良い作品を追求していこうとする姿が印象的でした。

 2日目からの美術・工芸部門では,全国から選抜された作品を見ることができ,とても新鮮な気持ちになれました。美術を始めた頃のワクワク感やインスピレーションが高まり,楽しく鑑賞することができ,改めて創り出すということの楽しさを再確認することができました。作品鑑賞会でも作者の制作意図などを聞いて作品の素材や制作過程を知ることができ,作品をより深く理解することに繋がりました。

 3日目は,Supper Happyをテーマに制作活動をされているミヤザキケンスケさんの講座で共同制作をしました。2m×6mの壁面に一人一輪ずつ好きな花を描いたのですが,自分が思いつかないような色の組み合わせで花を描いたり,描くスピードが速かったりと驚くことが沢山ありました。私も学校での共同制作の経験を生かして,誰にも負けないくらい描き込もうと頑張ることができ,作品が完成した時には達成感でいっぱいでした。また,制作を通して他県の人たちと交流することができ有意義な時間を過ごすことができました。

 今回,全国から選抜された400点もの作品に触れ,制作者と交流することにより,本当に多くのことを学び取ることができました。このような機会を与えてくださったことに感謝し,今後の作品制作に生かしていけるよう頑張ります。(広島県立広島皆実高等学校  山本 怜奈)

 

 佐賀県で行われた総合文化祭は私にとってとても貴重な体験になりました。1日目に行われた総合開会式はすべてのものが今までに経験したイベントのどの開会式よりも印象的で、色鮮やかに心に残りました。特に舞台上で繰り広げられたアトラクションは圧巻で,初めて見た高校生の演劇はまるで映画を見ているようでした。

 2日目は美術工芸部門の交流会。出逢った他県の人たちとは、最初こそとても緊張したけれど、話し始めてみるすぐに打ち解けることが出来,じっくりと話をしてみるとそれぞれとても魅力的な個性や感性を持っていて、それを実際に見聞きするのはとても良い刺激になりました。対話式鑑賞法でお互いの作品を鑑賞し合い,同じ年代の人たちがいろんな思いや考えを持って作品制作していることに改めて勉強になることばかりでした。

 3日目の講座別体験講習会では「一眼レフカメラを使用してのフォトアート」の講座を受講しました。大きな本格的なカメラを使うことも初めてのことで、なかなか周りのスピードについていけなかったけれど、大学の先生の丁寧な説明と「実際にやってみる」ことの面白さで,どんどん興味がわいてきて,自分にとって価値のある講義でした。

 この3日間は私のこれから先の未来に大きな影響を与えてくれたと思います。そして何よりも自分と似た意志や将来の夢を持った高校生たちとの出会いは何にも代えられない大きな宝となったと思います。こんな体験はめったにできることではないので、この大会で学んだことを日々胸に抱いて自分の未来の選択に役立てていきたいです。(広島県立呉宮原高等学校 浮島 日奈子)

 

 僕は彫刻作品でさが総文に参加しました。

 立体作品で参加するさが総文は僕にとって初めてだったので、レベルの高い作品を見ることができる嬉しさの反面、今後に生かしていけるか不安でした。

 一日目に開会式があり、二日目には作品鑑賞と交流会がありました。同じグループのメンバーに自分の作品についての説明をし、感想をもらう交流会では、僕が暗いイメージで作った部分が、静かな感じで綺麗と言ってもらったときは、見る人によってイメージが違うことに改めて気づくことができました。

 普段、友達や家庭の人しか感想を聞く機会がないので、知らない人に感想を言ってもらうので、とても新鮮で面白かったです。

 三日目には研修講座と作品講評会がありました。僕は天然木の角棒を使った立体造形の講座だったので、周りの人も立体作品を作ったことがある人が多く、作品について話し合うことができた。僕はこの三日目の講座で思っていた以上に様々な経験をすることができました。

 この総文での経験は、必ず技術的にも気持ち的にも将来の役に立つと思うので、忘れずに心に収めておきたいと思います。

 これからは、作品を作る時はさらに思いを込めて制作したいです。この2泊3日の経験はとても貴重な日々でした。(広島市立沼田高等学校 釣谷 総次郎)    

 

 第43回全国高等学校総合文化祭に広島県代表メンバーとして参加させて頂きました。

 全国から選ばれた高校生の作品は、高校生が作ったとは思えないほどレベルが高く、工夫を凝らして作られたものばかりでとても圧倒されました。また、鑑賞交流会では同じグループの人の作品への思いや意図を知ることが出来ました。同じ高校生でも、違った世間への感じ方を持っていたり、自身の強いテーマが込められていたりと、見応えがある聞き応えのある交流会でした。

 研修講座では「木版でリトグラフを作ろう」というテーマで佐竹邦子先生が来てくださいました。私は1年生で木版画に挑戦し、版画に興味が湧いたのでこの講座を選択しました。この講座を通して、版画の魅力や抽象的な絵の美しさを感じとることができました。また、ほかの学校の先生や生徒の方とたくさん関わることができてとても楽しかったです。

 講評会も佐竹先生に講評していただきました。この講座をうけた人は絵画の作品が多く、私はどのような講評をうけるか不安でした。しかし、高校生には中々できない表現ができているのでこれからもこのような作品を作り続けて欲しい、と言ってくださいました。この言葉を頂いてから、自分の作品を見てもらえることに嬉しさを感じることができました。

   さが総文を通して、美術はとても広くて大きいものだと感じました。作品の感じ方は人それぞれで、それを言葉で仕え合うことは重要なことだと思います。この経験を忘れずに、これからの制作も一生懸命取り組んでいきたいと思います。(広島市立沼田高等学校  澤田 梢子)